そもそも節税とは何か?

ワンルームマンション投資で節税を考えるにはまず正しく節税の定義を行う必要があります。

そしてそれがワンルームマンション投資で実現可能かを判断する必要があるのです。では節税とはどういう行為を言うのでしょうか。

節税とは合法の範囲内で納付すべき税額を減少させる行為を言います。

つまり節税とは法律の範囲内で納付すべき税額を減らすことを検討し実行する行為を指すのです。

具体的には次のような行為があります。

 

◆ 仕事関係の人と食事をし個人で負担した費用を交際費として経費にする。
◆ 家族を従業員にして税金の総納付額を下げる。
◆ 将来的に必要となる経費を法律の許す範囲まで先に購入して経費にする。

 

上記はあくまで一例に過ぎず合法的な節税手段は数多く存在します。そしてこのような行為で納付税額を下げる行為を節税と言うのです。

因みに法律の範囲外で税金を減少させる行為を脱税と言います。

脱税は違法行為なので絶対に行ってはいけません。しかし節税は法律の範囲内なら許される行為となります。

ではワンルームマンション投資を行うと節税が可能となるのでしょうか。この点については別記事で解説させて頂きます。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ