ワンルームマンション投資で節税できない理由

ワンルームマンション投資で節税ができる。

ワンルームマンション投資を行うことで払いすぎた税金が返ってくる。

このような切り口の営業トークでワンルームマンション投資を進める業者がたくさんありました。そしてそれを信じて購入した方がいたのも残念ながら真実です。

では、ワンルームマンション投資は節税になるのでしょうか。

結論を言うと、

ワンルームマンション投資で節税することはできない

というものになります。具体的に説明します。

ワンルームマンション投資を行うと基本的に初年度の不動産所得は赤字となります。

理由は通常の不動産取得がプラスでもワンルームマンションの購入時に発生した「初期費用」を損金に算入することができるからです。

結果として初年度の不動産取得は赤字となりその赤字分を給与所得と合算することができます。結果として初年度は給与所得から不動産取得の赤字分が減額され総所得の金額が下がります。

そして再計算された総所得をベースに所得税・住民税が再決定されるので所得税の超過分は還付され住民税は減額されることになります。

これがワンルームマンション投資で節税できるとされた論理になります。

しかしこの話には大きな落とし穴があります。それは、

ワンルームマンション投資を行い不動産所得が赤字になるのは初年度だけ

という点です。ワンルームマンション投資で不動産所得が赤字になるのは初年度だけなのです。

基本的にワンルームマンション投資を始めると二年目以降の不動産所得は全て黒字になります。減価償却費を含めても黒字になります。

もちろん一年間ずっと空室なら赤字となります。しかしそれだと節税以前にローンの返済ができなくなりますよね。

つまりワンルームマンション投資を行い普通に入居者が付いていればその年の不動産所得は黒字になるのです。

そのためワンルームマンション投資では節税などできません。むしろ黒字になるので「増税」となります。

この事実をしっかり意識してワンルームマンション投資を行うようにしましょう。ワンルームマンション投資で節税しようとあなたに勧めてくる会社には注意して下さい。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ