ワンルームマンション投資が成功する理由④:遠隔地から副業で行うことが可能

ワンルームマンション投資は別に本業のある方でも遠隔地から副業として行うことができます。副業としてマンション経営を行う会社勤めのサラリーマンを「サラリーマン大家さん」と呼ぶことも珍しくなくなってきました。

ワンルームマンション投資を副業で行うことが可能なのは、ワンルームマンション投資で得られる家賃収入というのは不労所得に該当するからです。もっと平たく言うと労働なしで受け取ることのできる収入なので、本業と別に行うことが可能なのです。

あなたが会社勤めのサラリーマンであれば会社勤務を辞めると収入が途絶えると思いますが、マンション投資で得られる家賃収入は働くことなく受け取り続けることができます。

また入居者である賃借人の対応については不動産の管理会社に委託することで不要となります。

そして入居者が出た後も管理会社が次の募集をして入居者付けをしてくれるので、行う仕事は殆どありません。つまり、普段仕事で忙しい会社員でも容易に行うことができます。

またワンルームマンション投資は遠隔地から行うことができます。

理由は一般的にワンルームマンションの運営は管理会社に委託することになり、所有者である投資家は直接物件の管理をする必要がないからです。

そのためあなたの居住地に関係なく、自分の目が行き届かない範囲の物件であっても投資可能なエリアとなります。

またこれは好立地でワンルームマンション投資ができるという意味でもあります。

ワンルームマンション投資では入居の需要が高い物件に投資することが重要になりますが、入居者は物件よりまず立地を重視する傾向にあります。

都心の駅近くにあるマンションの賃貸需要は常に高い状態であり、都心の人口増加という現象を考えると、これからも都心の駅近くにある好立地の物件に対する賃貸需要は高い状態が持続するものと考えられます。

そのため、都心の好立地にある物件に投資することが成功の第一歩になります。ワンルームマンション投資では自らの居住地に関係なく遠隔地から投資することが可能ですので、長期的に高い賃貸需要が見込める好立地を選んで投資することができます。

このように、ワンルームマンション投資はあなたの居住地がどこであれ、好立地にある物件で行うことが可能です。地方の過疎化・都心への人口流入という現象から考えると、これから立地は更に重要な要素になっていきますので、副業で行うことができ、自らの居住地に関係なく好立地の物件に投資しやすいワンルームマンション投資は私的年金の形成に適していると言えます。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ