ワンルームマンション投資が成功する理由②:安定的に長期間の運用が可能

ワンルームマンション投資は安定的に長期間運用することが可能です。

ワンルームマンション投資のリターンである家賃収入は安定的且つ継続的に得られるものであり、入居者が一度決まると数年間は一定額の家賃収入を受け取り続けることが可能です。

また入居者が退去しても都心のワンルームマンションは遅くても1ケ月以内にすぐ入居が決まることが多く、安定した家賃収入を受け取り続けることができます。

家賃収入は経済状況次第で入居者から減額請求を受けることもありますが、一般的には入居から退去まで毎月同額の家賃収入を受け取り続けることになりますので、安定している収入だと言えます。

家賃収入はあなたが本業の仕事を辞めても受け続けることができる収入になりますので、給与所得以上に安定している収入だと言うことができます。

またワンルームマンション投資では長期間運用することが可能です。

ワンルームマンションはRC・SRC造になっていることが一般的ですので、法定耐用年数は47年になります。ただ、実際には60年以上運用されているマンションもあり、管理次第で長期間に運用することが可能だと言えます。

(実際に日本初の民間分譲マンションとされる四谷コーポラス(東京都新宿区)は1956年に分譲され2017年3月に立替決議が成立するまで61年間運用されています。)

つまり、一度ワンルームマンションを購入すると長期的に運用することが可能であり、長期に渡り家賃収入を受け取り続けることができるのです。

これがワンルームマンション投資の特徴の一つになります。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ