ワンルームマンション投資とリスク③:金利上昇リスク

ワンルームマンション投資では金融機関から融資を受けて投資を行うことが一般的です。

そして融資を受けると毎月一定の金額を返済することになります。基本的にワンルームマンション投資ではその家賃収入を返済原資とし、家賃収入から融資金を毎月少しずつ分割して返済することになります。

融資の条件はあなたの属性や金融機関、投資するワンルームマンションによって異なりますが、基本的にワンルームマンション投資で受けた融資金は変動金利型で元利均等返済方式で返済することになります。

尚、変動金利型と元利均等返済には以下の特徴があります。

 

■ 変動金利型

借入期間中、半年ごとに金利が見直しとなる。主に期間1年未満の短期プライムレートに連動するタイプが多い。返済金額については5年ごとに見直しとなり、変動幅は従来の1.25倍までとなることが多い。

 

■ 元利均等返済

元利均等返済は、毎月の元金と利息を合わせた返済額が一定額となる返済方法を言う。もう一つの方法として元金均等返済という方法もあるが、ワンルームマンション投資では元利均等返済で融資を受けることが一般的。

 

上記の特徴よりワンルームマンション投資では半年ごとに見直しされる変動金利が上昇することで毎月返済できる元金が減少する可能性があります。

理由は毎月の返済金額が5年経過するまで変わらなくても、金利が上昇すると毎月の返済金の金利割合が増加し、元金割合が減少するからです。

こうなると、借入残高が減らなくなり、結果として5年後に毎月の返済額が上がる可能性が高まります。また、金利が大幅に上昇した場合、返済金の元金割合がなくなり未払利息が発生する可能性もあるので、今後の金利動向を読む必要があります。

上記がワンルームマンション投資のリスクの一つになります。当然ですが、金利は上昇するだけでなく下落する可能性もありますので、現状が高金利で今後は低金利になると判断できる場合は金利下落がメリットの一つになります。

また購入時に自己資金の割合を増やすか途中で繰り上げ返済を行うことで金利上昇リスクを減らしていくこともできます。そのため、金利上昇リスクは回避不可能なリスクではありませんが、重要なリスクの一つになりますので、常に金利上昇リスクを意識してワンルームマンション投資を行うようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ