ワンルームマンション投資とリスク④:家賃滞納リスク

ワンルームマンション投資では家賃滞納のリスクがあります。

家賃滞納というのは入居者が家賃を支払わないことを言います。

家賃収入は原則当月末の支払いとなりますが、殆どの賃貸借契約では特約で前月末に翌月分を支払うよう取り決めています。

ただ、入居者が必ず期日通りに家賃を支払うとは限りません。この場合、入居時に付けた連帯保証人か家賃保証会社に連絡して代わりに支払って頂く手続きをします。

入居時に家賃保証会社の保証を義務付けしておくと家賃保証会社が弁済して支払ってくれます。

また家賃保証会社自ら入居者に督促してくれるので、滞納リスクはそこまで高くありません。

ただ、家賃保証会社が倒産することもあるのでこの点だけは注意しておきましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ