ワンルームマンション投資とリスク①:空室リスク

ワンルームマンション投資でのリスクは物件が空室状態になり、それが長期間続いてしまうことです。ワンルームマンション投資は厳密には不動産賃貸業になりますので、空室になるということはお客様が途絶えて収入がゼロになるということを意味します。

これはワンルームマンション投資に限ったことではありませんね。世の中にあるビジネスは全てお客さんが途絶えた時に潰れます。ワンルームマンション投資も不動産賃貸業なので、お客様である入居者がいなくなると家賃収入がなくなってしまうのです。

物件が空室となり家賃収入がなくなると、毎月の建物管理費・修繕積立金を自分で負担することになります。また銀行融資を受けて物件を購入した場合、融資元金・金利の返済まで自己負担となります。

ただ、「平成25年住宅・土地統計調査」によると、平成25年10月1日現在の全国の空室率は14.1%であり、その内の13.5%は空き家になります。そのため都心のワンルームマンションは退去となっても募集をすれば入居者がすぐに付くのが一般的ですが、運営の仕方によっては空室になる可能性も否めません。

この物件の空室状態が続くことがワンルームマンション投資におけるリスクの1つです。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ