ワンルームマンション投資とリスク⑤:事故リスク

ワンルームマンション投資のリスクの一つに「事故リスク」があります。

ワンルームマンション投資では以下の事故リスクがあります。ただし事故リスクは発生率が低く保険で対応可能なリスクになります。

 

■ 天災リスク

ワンルームマンション投資で購入する物件の建物は天災により崩壊することがあります。

例えば阪神大震災や東日本大震災のような大地震に見舞われ物件が崩壊する可能性があります。また物件だけでなく周辺地域全体が機能不全に陥ってしまう可能性もあります。

もしくは隣の建物が火事となり自分の物件に燃え移ってしまうかもしれません。入居者の不注意で物件が燃えてしまう可能性もあります。

当然ですが火災保険・地震保険等の保険に入っておくことでこれらのリスクに備えることができます。

原状回復費用だけでなく建物が使えなくなる期間の家賃収入も保険で補填することができます。

実務ではほぼ全ての大家さんが自分の物件に何らかの保険を掛けています。また入居者にも賃貸借の契約時に保険の加入を義務とするのが普通です。

ただ保険で損害の補填ができない予想外の問題が起こることがあります。

水害・落雷等、確率的に極めて発生しにくい問題に保証を付けていない大家さんもおられます。

万が一にでもこのような事態が発生した場合、しっかり保険内容を確認して保険を掛けておかないと天災リスクを回避することができません。

また、自分の物件に問題がなくても周辺地域に天災が発生したことで街としての価値が下落し、入居者が退去したり、新たな入居者を探しにくくなる可能性があります。これも天災リスクの一つと言えます。

これらの問題は保険で全て回避できるものだけではなく、保険で補填できなかったり補填できても「一部」しか補填できない場合があります。

このような天災に見舞われてしまうことがワンルームマンション投資のリスクの一つになります。

天災リスクは保険で補填できるものですが、どこまで保険で補填できるかしっかり事前に確認して天災リスクを軽減するようにしましょう。

 

■ 死亡リスク

死亡リスクは入居者が死亡・自殺等の事故が発生した場合です。また殺人事件等が発生した場合もこれに含まれます。

いずれが発生した場合でも次の入居者を募集する時に心理的瑕疵の告知義務があります。

このケースでは家賃を引きげて次の募集しないと入居者が決まらないことが多く、場合によっては空室期間が続く可能性があります。

ただ物件内での事故については原状回復費及び心理的瑕疵による家賃下落の損失分共に保険に加入する事で補填可能となります。

また連帯保証人がいる場合は連帯保証人に損失分の請求をすることも可能です。

そのため死亡リスクは保険で補填可能なリスクになります。

確率的に考えると死亡・自殺等の事件が起こる可能性は極めて低くなりますが、事前に予想することができない分、ワンルームマンション投資では死亡事故がリスクの一つと言えます。

 

上記がワンルームマンション投資の事故リスクになります。基本的に上記のリスクのほとんどは保険で補填が可能になりますので、しっかり保険に加入してリスクを軽減するようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ