ワンルームマンションの賃貸管理方法

ワンルームマンション投資では物件の賃貸管理を行う必要があります。

賃貸管理の方法は大きく分けて以下の三種類に分けられます。

 

1.賃貸管理会社に管理の依頼をする。
2.自主管理する。
3.サブリースで転貸する。

 

 

基本的にオーナーは賃貸管理費を支払い管理会社に管理を委託することが一般的ですので入居者に対して行うことはありません。

例えばクーラーが故障した場合は入居者から管理会社を通して修繕請求を受けることがあります。承諾すれば管理会社が業者手配から修繕確認まで行ってくれるのが通常ですのでオーナーであるあなが行う仕事は修繕費の支払い以外にはありません。

ただ自主管理を行った場合は自ら入居者対応を行う必要があります。

実務では本業を別に持つオーナーが自主管理を行うケースはほとんどありませんが、自主管理を行った場合は正しい入居者対応ができるようになる必要があります。

また管理会社に管理を委託する場合でもオーナーが知っておくべき知識があります。

それらを知らないと管理会社の対応が妥当かどうかの判断ができなくなり結果として損失を被る可能性があるからです。

そしてサブリースという方法で不動産事業者にワンルームマンションを転貸する運営方法もあります。特にサブリースでの運営についてはトラブルがつきものなので、正しい知識を身に付けた上で契約の判断を下すことが必要になります。

ワンルームマンション投資を行うことは大家業を行うことと同じです。

自主管理やサブリースでの転貸は言うまでもなく管理を管理会社に委託したとしても大家として最低限正しい知識を持ち、運営判断を下すことができるようになることが重要です。

そのためワンルームマンションの正しい賃貸管理方法やトラブル回避法を学びワンルームマンション投資で確実に成功できるようになりましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ