ワンルームマンション投資の収支を改善する方法④:売却

ワンルームマンション投資の収支を改善する方法の一つに「売却」があります。

ワンルームマンション投資の収支が苦しい場合はあなたのマンションを売却することで収支は変わります。

しかしワンルームマンションを売却すると以下の二通りの結果が発生します。

 

1.「売却価格ー残債」が0円かそれ以上になる。
2.「売却価格ー残債」が0円未満となる。

 

「1」の場合は返済が確実になくなりますので収支は必ず改善されることになります。(収支がプラスだった場合は別です。)

例えばあなたがワンルームマンション投資を始めて10年返済でローンを組み8年後に売却するとローンの残債は2年分しか残っていませんので「1」の状態になることが予想できます。

この場合で残債が0円になればローンがなくなりますので全く問題ありません。そしてそれ以上となった場合は売却益が手元に残りますのでキャッシュインが発生することになります。(売却益が発生する可能性もあります。)

「2」の場合は残債が残ることになります。

このケースでは融資を受けた銀行に出向きあなたが直接返済計画について担当者と交渉することになります。

またワンルームマンションがなくなるのでその後の返済は全て自分の収入から行うことになります。

この「2」について言えば苦しいものとなりますが収支が苦しい場合は最後の手段として検討するようにしましょう。そしてあなた一人で進めるのではなく先に銀行担当者と話し合いをしてその後に進めるようにしましょう。

以上が売却でワンルームマンション投資の収支を改善する方法になります。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ