ワンルームマンション投資の会計上の経費③:借入金利(土地・建物)

ワンルームマンション投資の会計上の経費の一つに「借入金利(土地・建物)」があります。

まずワンルームマンションは物件価格の中に土地部分と建物部分の両方が含まれています。

原則としてワンルームマンションの土地部分と建物部分は切り離して別々に所有することができないので、ワンルームマンションの所有者それぞれがマンションの敷地全体の土地をマンションの専有部分の割合に応じて所有することになります。

つまりワンルームマンションの購入価格には土地部分と建物部分に分けられることになります。そして物件の購入を目的として金融機関から融資を受けた場合、その借入金に対する金利はワンルームマンション投資の会計上の経費として計上することが可能になります。

ただ土地部分の購入に掛かった借入金に対する金利は不動産所得の黒字部分に対してのみ経費として計上することができます。

土地部分の購入に掛かった借入金に対する金利を経費として計上すると不動産所得が赤字となる場合、その赤字分は全額損益通算の対象にはなりません。(詳細は別記事で解説させて頂きます。)

しかし実務ではワンルームマンション投資の不動産所得は通常黒字となるので土地部分の金利も含めることができます。

また土地部分の金利を含めても黒字になるのが普通のワンルームマンション投資です。

そのため基本的にはワンルームマンション投資で発生する支払金利は経費の一つになると認識しておきましょう。

これがワンルームマンション投資の会計上の経費の一つである金利になります。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ