ワンルームマンション投資の収支を改善する方法③:管理会社の変更

ワンルームマンション投資の収支を改善する方法の一つに「管理会社の変更」があります。

賃貸管理会社は主に物件の管理と集金代行を行っていますが、あなたの収支が苦しい場合はその管理料が低い会社に変更することで収支改善を行うことが可能です。

基本的に管理会社を変更しても賃貸管理料は月額家賃の5%前後が相場ですので現状がそれより遥かに高い場合でない限りはそこまで大きく変わるものではありません。

しかしあなたが依頼している管理会社が入居募集の広告料を多く取る場合や入居者の入れ替わりが激しい場合は管理会社を変更することでキャッシュフローを良くすることができます。

そして特に管理会社の変更が効果的なのはあなたがサブリース契約を行っている場合です。

一般的にサブリース料は平均的に月額家賃の90%程度(10%前後差し引いた金額)になっていることが多いので、サブリース契約を中断して通常の契約に切り替えると月額家賃収入を10%程度引き上げることができます。

サブリース契約は複雑なので解約するのは簡単ではありませんが、あなたの収支が苦しいのであれば検討してみるようにしましょう。

そもそもサブリース契約は同じ金額が永続的に続く訳ではありませんので収支改善を機にとしてサブリース契約そのものを解約するのも一つです。

特に賃貸管理会社にサブリース契約で月額家賃の10%以上を支払っている場合は検討してみるようにしましょう。

以上が管理会社を変更し収支を改善する方法になります。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ