ワンルームマンション投資の会計上の収入①:年間家賃収入

ワンルームマンション投資の会計上の収入の一つに「年間家賃収入」があります。

年間家賃収入はワンルームマンション投資の中で最も大きな金額となる収入源になります。

例えばあなたが自分の保有するワンルームマンションを月額60,000円で入居希望者と契約したとします。この場合は60,000円×12ケ月で72万円が一年間の会計上の収入となります。

年間家賃収入がキャッシュフローと異なる点は年間家賃収入は入居者が正式に退去とならない限り入金がなくても収入として計上されるという点です。

つまり会計上では実際のキャッシュフローではなく賃貸借契約上の年間家賃収入が会計上の収入となります。

もちろん原則として家賃収入は支払いを受けた日が売上の計上日になります。

しかし実務では翌月分を前月末までに支払う特約付きで賃貸借契約が行われていることが一般的です。

そして通常は支払日が定められている賃貸借契約を交わすのでたとえ期日までに入金がなくてもその時点(前月末)で売上を計上することになります。

つまり入居者が滞納を続けても収入として計上されてしまうのが会計上の収入の特徴です。

一般的には滞納が発生した場合、保証会社や保証人から弁済を受けることになりますが、弁済の有無に関わらず年間家賃収入は会計上の収入となります。

これがワンルームマンション投資の会計上の収入です。

ワンルームマンション投資において年間家賃収入は最も金額の大きな収入になりますので、しっかり認識して収支計算を行うようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ