ワンルームマンション投資の会計上の収入②:礼金・更新料

ワンルームマンション投資の会計上の収入の一つに「礼金・更新料」があります。

礼金は入居希望者の入居時にオーナーであるあなたが居希望者から受け取れるお金であり返金する必要のないお金になります。

つまり礼金は入居時に収入として確定するのです。

賃貸借契約では契約時に敷金・礼金を設定することが一般的です。ただ敷金は原則として入居者の退去時に原状回復費用以外の金額を返金するのに対し、礼金は賃貸借契約時にも返還義務を負わない費用になります。

要するに礼金はオーナーであるあなたに取って賃貸借契約時に確定する収入となります。これが礼金収入になります。

また更新料も同様に会計上の収入となります。

ワンルームマンションの賃貸借契約においては普通建物賃貸借契約で契約期間を2年とすることが多く、その期間の終了後に入居者が居住の継続を希望する場合は賃貸借契約時に定めた更新料が発生します。

ただ更新料は賃貸借契約時に更新料を設定した場合に限り受け取ることができます。

更新料は高額すぎる等の特段の事情がない限り有効とされていますが更新料の有無と具体的な金額については契約時に当事者間で決定できるものになります。

つまり更新料を設定しない場合は更新料収入は受け取れません。

しかし更新料を設定した場合は賃貸借の契約期間終了後の更新時に受け取ることができる会計上の収入となります。

上記がワンルームマンション投資の会計上の収入である礼金・更新料になります。

家賃収入と比較すると低額な収入になりますが、発生する場合は両方会計上の収入となりますので契約時にしっかり念頭に置いて賃貸借契約を締結するようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ