ワンルームマンション投資で失敗する理由①:物件選択ミス

ワンルームマンション投資で失敗する理由の一つに物件選択ミスがあります。

ワンルームマンション投資の失敗で物件選択のミスによる失敗は最も起こりやすい失敗になります。

あなたは「千三つ(せんみつ)」という言葉を聞いたことがありますか?昔から存在する言葉ですが、実はこれは不動産で成功する物件は「千」の内「三つ」しかないという意味の言葉になります。

つまりそれだけ不動産(ワンルームマンションも含む)で成功するには物件の選び方が重要になるのです。

例えば主要な駅から遠く離れた物件や近隣の物件と比較して著しくサイズの小さい物件などはその典型例になります。

それでも街全体の需要が高ければ入居者は付きますが、そうでない限りは家賃を下げたり入居募集の広告費を上げない限り入居者は付きません。

また素晴らしい物件であっても購入金額が異常に高いと採算が合わなくなります。そうなると投資の観点から考えても成功は難しいものとなります。

そして何より物件選択ミスが致命傷になる理由は

 

物件購入後は自分の力で立地やサイズ、そして購入金額を変えることができない。

 

という点になります。もちろん物件の内部をリフォームすることはできますができるとしてもそれぐらいです。

物件購入後に駅からの距離や部屋のサイズを変えることはできません。また当然ですが購入した金額も変更できません。

つまり立地やサイズ的に需要が減るとどうすることもできなくなるのです。また購入金額が高すぎると採算が合わなくなるのです。

 

途中で入居者が付かなくなった。家賃を大幅に下げないと入居者が決まらなくなった。物件価格が下落した。採算が合わない等。これらは全て物件選択ミスから生じる失敗です。

 

そのためワンルームマンションを購入する前は購入後に変えられないものが何なのか。それをしっかり意識して考え抜いてから購入するようにしましょう。

それだけでも充分に物件選択の失敗を防ぐことができます。また購入金額を下げたい場合は指値をするのもひとつの手段になりますので検討するようにしましょう。

そしてあなたの必ずあなたのワンルームマンション投資を成功させて下さい。

 

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ