ワンルームマンション投資で失敗する原因②:運用方法ミス

ワンルームマンション投資で失敗する原因の一つに「運用方法ミス」があります。

運用方法ミスは入居者は付いているけれども最終利益がマイナスとなる失敗のことを言います。

このミスを避けるには下記の二点を徹底することが重要になります。

 

.適切な価格で物件を購入する
 2. 経費を削減する

 

「1」についてはあなたがワンルームマンションを購入した経験がなくても簡単にわかると思います。割高な価格で物件を買ってしまえば利回り(家賃収入÷物件価格)が下がることは容易にご想像頂けると思います。

しかしここで誤ってはいけないのは、

「割安な価格」で物件を購入することより「適切な価格」で物件を購入する方が重要である

という事になります。残念ですが、

割安な価格の物件を探し続けて購入した結果、問題のある物件を買って後悔する人は後を絶ちません。

もちろん高値掴みをするのは問題ですが、あなたが初心者なら「割安な価格」の物件ではなく「適切な価格」の物件を探すようにしましょう。

「2」についてもご理解頂けると思います。経費が高くなると利益が減ることになりますので運用利益を出すには経費を下げることが最も重要になります。

では経費を下げるにはどうすれば良いかというと「金利」を下げることで経費の大幅な削減が可能となります。

理由は金利こそがワンルームマンション投資で発生する最も高額な経費だからです。

金利を下げるには「頭金を多く入れて購入する」か「繰り上げ返済を行う」しかありませんが、できれば両方実行するようにしましょう。

そして適切な価格で物件し経費の削減ができると運用ミスによる失敗を限りなく低いものとすることができます。

これがワンルームマンション投資の運用方法ミスによる失敗原因とそれを避ける方法になります。

 

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ