ワンルームマンションの所有中に発生する経費③ 固定資産税・都市計画税(毎年)

ワンルームマンションの所有中に発生する経費の一つに「固定資産税と都市計画税」があります。(厳密には都市計画税は都市計画区域内の市街化区域内にある物件だけが対象になります。)

これらの税金はワンルームマンションを保有しているだけで毎年必ず発生する税金になります。

(尚、これらをまとめて固都税(ことぜい)と呼ぶこともあります。)

固定資産税とは市町村が課す税金になります。(東京都の場合は都)

毎年1月1日(賦課期日)現在に固定資産課税台帳に所有者として登録されている者が納税義務者となります。

固定資産税の課税標準価格は固定資産課税台帳に登録されている金額に1.4%を掛けた金額になります。(またこの登録金額は3年ごとに更新されます。)

固定資産税は毎年課税される税金なのでワンルームマンション投資では必ず固定費の一つとして数えられます。また幾つかの基準を満たしていれば減税となる特例制度もあります。

都市計画税とは市町村が条例で課す税金になります。(都市計画区域内の市街化区域内にある物件が対象)

標準税率は土地・家屋の都市計画税課税標準額×税率で決まります。

物件所在地によっては発生しませんが、ワンルームマンションは都心や駅付近に存在することが多いので実務ではほとんどのワンルームマンションが対象になります。

これらの税金は経費として計上することが可能です。ただ物件に入居者が付いていなくても発生する税金になりますので、その点を注意して投資判断をする必要があります。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ