ワンルームマンションの売却時に発生する経費④ 抵当権抹消費用(返済完了時にも発生)

ワンルームマンションの売却時に発生する経費の一つに「抵当権抹消費用」があります。

ワンルームマンション投資では金融機関から融資を受けて行うことが一般的です。

そして売却時には原則として融資金を返済することになりますので返済後に抵当権の抹消登記が必要になります。

基本的には金融機関が抹消登記を行ってくれることはなく借入元金の返済完了後に金融機関から書類を受け取りあなたが自ら司法書士に依頼して抹消登記を行う必要があります。

当然ですが売却完了時だけでなく借入返済の完了後にも抵当権の抹消登記が必要になります。

この場合も同様に司法書士に依頼して抹消登記を行うことになります。

返済完了後の抵当権抹消登記は義務ではありません。ただ放置しておくと売却時に差し支えますので基本的には抹消登記を行うことになります。

ワンルームマンションの借入完了時(特に売却時に)には抵当権の抹消登記費用が発生すると認識して売却費用の計算を行うようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ