ワンルームマンションの売却時に発生する経費① 仲介手数料

ワンルームマンションの売却時に発生する経費の一つに仲介手数料があります。

ワンルームマンションの売却時は不動産業者に依頼して業者が買主を探すことが一般的です。そして買主が見つかり売買契約が成立すると業者に対して仲介手数料が発生します。

宅建業法では売買時に不動産業者が受け取れる仲介手数料の上限を以下の通りに定めています。

 

1.200万円以下          売買金額の5%

2.200万円超~400万円以下        売買金額の4%+2万円

3.400万円超              売買金額の3%+6万円

 

例えば1,000万円で売買契約が成立した場合、仲介手数料は不動産業者によって異なりますが、上限は36万円(3%+6万円)となります。

当然ですが、不動産業者に仲介依頼せず売主自ら買主を探し売買契約が成立すれば仲介手数料は不要になります。ただ、一般的に売主自ら売買を行うケースは殆どありませんので、基本的には上記の仲介手数料が発生するものと考えて売却時の収支を計算するようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ