ワンルームマンションの取得時に発生する経費⑥ 仲介手数料(仲介の場合)

ワンルームマンション投資で物件購入時に発生する経費の一つに仲介手数料があります。基本的に仲介する不動産会社は仲介手数料が収益源になりますので、仲介手数料は必ず発生します。

(不動産会社が所有しているワンルームマンションを購入する場合や売主から直接購入する場合は不要になります。)

仲介手数料は不動産会社が独自に設定できるものですが、宅建業法で仲介手数料の上限は以下の通り定められています。

 

1.200万円以下          売買金額の5%

2.200万円超~400万円以下        売買金額の4%+2万円

3.400万円超              売買金額の3%+6万円

 

そして不動産業者は上記の仲介手数料を買主・売主のそれぞれから受取ることができます。

例えば1,000万円のワンルームマンションを売買した場合、不動産業者は3%+6万円で売主・買主それぞれから最大36万円受け取ることができます。(仲介に業者が二社入った場合、一社でそれぞれ最大36万円のみ。)

また不動産業者が課税業者の場合は上記の金額に追加で消費税も発生します。ワンルームマンションの購入時において消費税はマンションの建物部分にしか発生しませんが、仲介手数料はワンルームマンションの土地・建物の両方を合わせた合計金額に上記の計算式で算出した金額が発生することになります。(仲介手数料は土地部分も消費税が課税されます。)

上記の通りワンルームマンションの購入時には業者に対する仲介手数料が発生することになります。仲介手数料もしっかり認識して収支計画を行うようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ