ワンルームマンションの売却時に発生する費用⑤ 譲渡利益に対する税金(売却利益が出た場合)

ワンルームマンション投資で発生する費用の一つに譲渡所得に対する税金があります。

例えばあなたがワンルームマンションを諸経費を含めて1,000万円で購入し1,500万円で売却したとします。この売却時に譲渡費用が100万円発生したとすると合計で400万円の利益が出ます。これが譲渡所得金額になります。

 

譲渡所得金額=譲渡価格-(取得費+譲渡費用)

 

基本的に不動産の売却に対する譲渡所得金額は分離課税方式で他の所得と分けて課税されますので、この譲渡所得金額に税率を掛けて出た税額が所得税・住民税として課税されます。

ただ、譲渡所得金額に対する所得税・住民税は売却時に5年超保有してたかどうかで税率が変わり、特別控除の対象となる場合もありますので、売却時に保有期間と特別控除の内容を確認してしっかり収支を計算する必要があります。

当然ですが、譲渡税は譲渡所得に対する税金になりますので、譲渡所得がマイナスの場合には発生しないことになります。

上記がワンルームマンション投資で発生する費用の一つになります。ワンルームマンションの売却時には発生する税金を必ず確認して売却利益の計算を行うようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ