ワンルームマンションの売却時に発生する費用③ 借入残金・返済手数料(残債がある場合)

ワンルームマンションの売却時に発生する費用の一つに返済手数料(違約金)があります。

金融機関との融資契約によって異なりますが、融資契約上、融資元金を一括返済することで返済手数料や違約金が発生する場合があります。

金融機関は長期的に利息を受取り続けることで利益を出すことを目的としているので、融資を一括返済すると違約金が発生するケースは多々あります。

ただ、返済手数料や違約金が発生するかは融資契約によって異なりますので、融資契約を受ける時に一括返済する場合の条件をしっかり確認しておく必要があります。

またワンルームマンションを売却すると融資時に受けた借入金を返済することになりますので、借入残金の返済が発生します。

既に借入元金の返済が完了している場合や現金でワンルームマンション投資を行っている場合は借入元金の残債返済は発生しません。残債がある場合のみ元金返済が発生します。

以上がワンルームマンションの売却時に発生する返済手数料(違約金)と借入残金返済になります。上記の費用をしっかり認識した上で売却の判断を下すようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ