ワンルームマンション投資の特徴③ 「自己資金以上の投資が可能」

投資というのは資本を増加させる行為なので、当然ですが、普通の投資では自分の資金で行うことが基本になります。

例えば株式や国債を購入するにしても、一般の一個人が購入するには自分の預金額以上の投資はできません。具体的な例を出すと、あなたの通帳に300万円の預金しかないのに1,000万円分の国債を購入することは不可能です。

ただ、ワンルームマンション投資ならそれが可能になります。上記の例をマンションに置き換えると、あなたの通帳に300万円の預金しかなくても残りの700万円を銀行融資で補うことで1,000万円の物件購入が可能になるのです。

もちろん銀行のみならず、他の金融機関からの融資でも可能です。ノンバンクやリース会社、金融会社からの借り入れでも行うことができます。

借り入れなんてそう簡単にできるものではない、と思うかもしれませんが、ワンルームマンション投資なら可能です。何故なら購入後の物件に抵当権が設定できるからです。金融機関から見ても、仮にあなたが返済できなくなっても物件が回収できるので不動産への融資はリスクの低い融資なのです。

自己資金以上の投資が可能なメリットは自己資金のみで投資した場合以上のリターンを得られることにあります。

例えば1,000万円で購入したワンルームマンション1室の家賃収入が毎月7万円だとします。経費・税金を引いて手元に6万円残ったとすると、年間家賃収入は72万円(6万円×12ケ月=72万円)になります。

この時に受けた700万円の銀行融資の金利が1%だとすると、毎月の支払金利は多く見積もっても数千円程度になります。(正確な金額は返済方法により変動します。)仮に金利が毎月5,000円と仮定しても、年間で6万円(5,000円×12ケ月=6万円)、手元に残るお金は66万円(家賃収入72万円ー金利6万円)になります。

自己資金が300万円だったことを考えると、年間66万円の家賃収入は利回り22%になります。そしてこの66万円を融資を受けた元金700万円の返済原資として活用すれば、約10年半での完済となりそれ以降は満額家賃収入を受け取ることができます。

つまり、ワンルームマンション投資では銀行融資を上手に使うことで高い利回り収入を自己資金額以上の金額をベースにして受取ることができます。そして仮に購入した物件で空室が続き融資金が返済できなくなったとしても、物件を売却したお金で銀行に返済することが可能です。

ただ、当然ですが、自己資金以上の投資を行うデメリットもあります。それは、無理な返済計画で融資を受けて身の丈以上の投資を行い、物件の空室状態が続くと返済不能となり破産状態になることです。

最初は慎重に進めていた投資家も一室目の投資成功後に欲を出して無理な投資を進めることがあり、ワンルームマンション投資の失敗は得てしてこのような投資家の行動から起こります。これが自己資金以上の投資を受ける時のデメリットです。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ