ワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資とはワンルームマンションを購入して入居者に貸し家賃収入を得る投資方法のことです。

ワンルームマンション投資という言葉に違和感を感じた方もいると思います。そうですね、これは投資というより正確には不動産賃貸業になります。ワンルームマンションの一室を購入して賃借人を募集し入居者から家賃収入を得るのは紛れもなく不動産賃貸業(大家業)です。

ただ、これらを不動産賃貸業ではなくワンルームマンション投資と表現するのは、それだけワンルームマンション投資は事業性より投資性が強いという特徴があるからです。

もし、ワンルームマンションを借りたことがあればお尋ねしますが、賃貸中の物件について大家さんに直接連絡をしたことはありますか?

よほどのことがない限り、物件について大家さんに連絡することはないと思います。また仮に物件に問題があって連絡をするにしても、連絡先は大家さんではなくその物件の管理会社になっていることが普通だと思います。

つまり、ワンルームマンションは「所有者」と「運営者」が分離されており、入居者が一旦付くと運営は管理会社が行ってくれるので、所有者は家賃収入を得るだけになります。(自主管理をすることも可能です。)

このように、ワンルームマンション投資を行う投資家は家賃収入を受け取るだけになり、家賃収入は労働を伴わない不労収益ですので入居者が一旦賃貸契約をすれば行う仕事はお金の管理だけになります。

ワンルームマンション投資は不動産賃貸業であるにも関わらず「投資」と呼ばれているのは、オーナーの行う仕事がないからです。

そのため、ワンルームマンション投資はサラリーマンでも副業として行うことが容易であり、年金問題から老後に向けた資産形成に悩む社会人を中心にワンルームマンション投資の人気が高まっています。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ