ワンルームマンションを会社訪問して購入する場合② 個別面談

ワンルームマンションを会社訪問して購入する場合は個別面談を行うことになります。

個別面談では担当者に条件を伝えて物件を選んで頂く事になります。面談の流れとしては以下の通りとなります。

 

1.あなたの条件・目的を伝える。

条件と目的を伝えます。この段階では条件ではなく目的を先に伝えるようにしましょう。理由は目的次第で適切な条件が変わるからです。

あなたが堅実な資産形成を目指して〇〇地区にある物件が良いと伝えても、あなたの目的を達成するには別のエリアにある物件の方が最適かもしれません。価格や築年数等も同じです。

そのため個別面談ではまずワンルームマンション投資を始める目的から担当者に伝えるようにしましょう。

 

2.あなたの経済状態を伝える。

答えられる範囲で構いませんので預金や年収・勤続期間等を担当者に伝えるようにしましょう。担当者は個人情報の観点から情報を厳守しますのでご安心下さい。

あなたの経済状態を伝える理由はあなたの経済状態次第で提案すべき物件が変わる可能性があるからです。

例えばあなたの目的が堅実な資産形成だとして担当者が物件Aを勧めたくても、あなたの属性が良く特定のエリアで低金利の融資が受けられる状態なら物件Bの方が適しているかもしれません。

このようにあなたの経済状態次第で担当者が提案すべき物件が変わる可能性があるので可能な限りあなたの経済状態を伝えるようにしましょう。

 

3.物件の提案を受けて検討する。

担当者から最適な物件の提案を受けます。また場合によっては融資可能な提携金融機関の提案も受けます。

提案を受けた物件が自分に適切かどうかはしっかりあなた自身で検討するようにしましょう。

その後、物件の購入について検討します。購入する意思決定ができれば次に進みます。良い物件はすぐになくなる傾向にありますので、検討する時間は可能な限り短くするようにしましょう。

 

上記が個別面談の流れになります。

ワンルームマンション投資は担当者の提案する物件次第で結果が大きく変わるものになります。当然ですが、担当者もあなたが本気で検討していないと判断すれば提案する物件も変わりますので、受け身ではなく真剣に個別面談に臨むようにしましょう。

 

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ