ワンルームマンション投資の不動産所得

ワンルームマンション投資では不動産所得が発生することになります。

一般的な会社員・公務員の方は給与所得のみを総所得として税額が決定することになりますが、ワンルームマンション投資を行うと給与所得とは別で不動産所得が発生することになります。

不動産所得は以下の通りに計算されます。

 

● 不動産所得=総収入金額-必要経費(-青色申告特別控除額*)

 

*通常の控除金額は10万円で事業的規模の場合は65万円

 

上記の計算式で算出された利益(又は損失)が不動産所得になります。

不動産所得はそのまま他の所得(給与所得)と損益通算するのではなく、損益通算できない経費(土地購入の借入金利)を差し引いて他の所得と損益通算することになります。

上記がワンルームマンション投資の不動産所得になります。不動産所得とキャッシュフローは異なりますが、不動産所得は税額の決定に重要な意味を持ちますのでしっかり意識して収支計算をするようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ