ワンルームマンション投資のキャッシュイン②:礼金・更新料

ワンルームマンション投資のキャッシュインの一つに礼金・更新料があります。

入居者との賃貸借契約時に礼金を設定した場合、敷金と異なり礼金は返済不要なものになりますので、受領時に礼金は収入として計上されキャッシュインが発生します。

基本的に礼金は賃貸借契約時に契約時の初期費用と合算で賃貸不動産会社が受け取ることが多いので、賃貸不動産会社から礼金を受け取った時にキャッシュインが発生します。

更新料は普通賃貸借契約の契約期間と更新料を定めた場合で、契約期間終了後に契約更新を行う場合に発生するものになります。

賃貸借契約期間を設定する場合、普通賃貸借契約では契約期間を2年間とすることが一般的です。そして更新料を設定している場合、2年後に契約更新する場合は更新料が発生することになります。

例えば更新料を家賃の1ケ月分とした場合、入居者は更新時に家賃と合算で更新料を支払うことが一般的です。この場合にキャッシュインが発生します。

これがワンルームマンション投資のキャッシュインである礼金・更新料になります。年間家賃収入と比較すると絶対額としては小さいものになりますが、キャッシュインを伴う収入になりますので、しっかり意識して賃貸借契約を検討するようにしましょう。

 

「前のページに戻る」

「ワンルームマンション投資専門サイト:スターサーチ」トップページへ